福岡市西区愛宕の歯科クリニック、いけだ歯科

お問合せ  サイトマップ  トップページ
 

   

院長おすすめの本の紹介はこちらから

 このコーナーは、皆様の歯に対する悩みを解決する為皆様のご質問にDr.Ikedaが答えて行きます。まだ不慣れな為、クイックにとは行きませんが、毎月少しずつでもお答えいたします。
 そういう意味では皆さんと一緒に作って行くページです。どんな質問でも結構ですので、お送りください。




■「インプラント」って、怖くないの?
Aよく質問を受けますが、あまりそんなに構える必要も無い処置です。

「インプラント」とは、日本語で言うと人工歯根。もし不幸にして歯を抜くことになった場合、以前は入れ歯を使うしかなかったのですが、人工歯根を使うことで、ある意味"第二の歯"が生えたかのようになれるという、新しい歯科医療技術です。

"怖くないの?"ってよく質問を受けますが、あまりそんなに構える必要も無い処置です。ただ、保険対象ではありませんので、少々お高いのがちょっと難点ではあります。(勿論、医療費控除の対象とはなりますよ)ちゃんと噛めるようになれる為のひとつの選択肢ですね。

でも、インプラントがあるからって安心しないで〜!大切な歯を抜かなくていいように、歯磨きに定期検診、日々管理あるのみです〜!
▲ページトップへ


■治療途中の歯、歯医者に行きづらいのだけど…
Aお気持ちはわかりますが、悪化の速度が早いですよ。

治療途中の歯こそが、そうでない歯と比べると悪化の速度が何倍も早いんです。ともすれば、何ヶ月か放置していたために、使いものにならなくなってしまったという事にもなりかねません。

いろんな事情で歯医者さんに行けなくなる事ってありますよね。でも、なるべく早く続行することが、結局いたくならない方法だったりもします。

"おこられる!!"なんてことはありませんから、いや、ないはずですから…、ないことを祈って…、まあちょっと覚悟をしながら、気軽に"復活"しましょう!!

▲ページトップへ


■歯石はどうしてできるの?虫歯の原因になるの?
Aプラーク(歯垢)に唾液中のカルシウムなどが沈着して歯石になります。

プラーク(歯垢)が長い間歯についたままになっていると、プラークに唾液中のカルシウムなどが沈着して歯石になります。ムシ歯の原因にはなりませんが、歯周病の原因の一つです。

歯石の表面は凸凹していてプラークがたまりやすく、放置するとプラークは硬くなって歯石となり、歯石は更に厚く硬くなっていきます。この歯石は歯肉を刺激し、炎症を悪化させます。もちろん、ハブラシでは取ることができません。歯科医院で専門家(歯科医師・歯科衛生士)にとってもらいましょう!

歯石のたまりやすいところは、普段みがき残しをしているところでもあります。
注意してブラッシングし、プラークがたまらないようにしましょう。歯石は古くなると石灰化が進行して除去しにくくなりますし、歯肉の内側の深いところに向かって沈着するので、歯周病を悪化させます。3ヶ月〜6ヶ月に1度、定期的に歯石をとってもらうようにしましょうね。

▲ページトップへ


■定期健診って本当に必要なのでしょうか?
A定期検診って大事ですよ!

考えてみると、日々の診療でよく出会うのが、結構大きな虫歯だったりするのに“痛くない!!”という現実。
で、“痛くない!!”ためにかなり悪い状態になるまでついつい放っておいてしまって、後で後悔するというパターン。

お口の中の病気(虫歯や歯周病)は、そのほとんどが痛くないうちに静かに進行するものばかりなんです。
となるとやはり威力を発揮するのが定期検診。
しかもそのついでにスッキリ、サッパリ、よりよい状態になって帰れるなら、それはやはりマルでしょう!!
常にいい状態を保つ。お肌や体重だけではなく、歯もそうありたいものですね。(…って、なんで体重の話しやねん!!)
▲ページトップへ


■フロス(糸ようじ)って虫歯予防に効果あるの?
Aフロスはとても大事ですよ!

ここ最近、改めて思うことなんですが、虫歯、やはり歯と歯の間からできてしまっている方が非常に多いんです。この“歯と歯の間”をきちんと清掃できていれば出来ていなかったであろう虫歯。となると、この“歯と歯の間”を清掃するために登場するのが、デンタルフロス(糸ようじ)なのですよ!使ってみると、とっても簡単。ほんと、“たったこれだけ?”と思われるくらいです。そんな簡単なことで、虫歯予防が出来てしまうなんて、そりゃぁ使うしかないでしょ。フロスを使うと使わないとでは、本当に“天と地の差”ですよ。皆さん、是非、習慣にされてください!!
▲ページトップへ


■例えば転んで歯が抜けたときって、どうするの?
A抜けた歯をできるだけそのままの状態で,すぐに病院へ!

よくあるのが、転んで前歯なんかが抜けちゃった場合、慌てずまずその抜けちゃった歯をできるだけそのまんまの状態で、すなわち泥汚れがついたりしていたりしても洗ったりせずに、生理食塩水、それが無ければ牛乳の中に入れて保存してください。生理食塩水は当然ですが、牛乳も生理食塩水並みに人間の身体の浸透圧に近いため、抜けた歯の組織を安定した状態で保存することが出来ます。

洗ったりしないのは、抜けた歯の表面の組織がはがれ落ちたりしてほしくないためで、ここは大事なポイントだったりします。その上で、可能な限り早く歯医者さんに行ってください。そうすれば、歯牙再植すなわち、もとあったところに歯を元どうりに戻すことが可能となります。

この歯牙再植、抜けた歯の保存状態と、抜けてから再植されるまでの時間の短さが最大のポイント。豆知識として、覚えておいてくださいね。
▲ページトップへ

■定期検診ってやっぱり大事なんですよね?
A答えは「イエス!!」です。

自分もまだまだ駆け出しの頃は、“本当に必要なことなのだろうか?“なんて考えたこともありました。
しかし、長年歯医者として多くのケースと接してきて、定期検診(メンテナンス)を受けているケースとそうでないケースとでは、時間がたてばたつほど、その差が歴然としてくることが分ってきたんです。

例えるなら、ただ乗りっぱなしで、定期点検もしていない自動車と、かたや、きちんとメンテナンスしている自動車。どちらがよりよい状態に保たれているかは考えなくても分りますよね。

ましてや、毎日過酷に酷使されている歯ですから、たまには点検してあげるのが大事なのは自明というもの。でもって、歯医者さんに定期検診に通うことで結果として、歯の治療を受けなくてもよくなるという事実。定期検診は実はお得なことなんです。
▲ページトップへ


■インプラントって、何?
A日本語で言うと人工歯根。その名の通り、人工の歯の根っこってことですね。

不幸にして、歯を抜くことになった後に、以前だったら、入れ歯を使うしかなかったのが、人工歯根を使うことで、ある意味“第二の歯“が生えたかのようになれるという、新しい歯科医療技術な訳です。“怖いんじゃないのか?”と良く、質問を受けますがあまりそんなに構える必要も無い、結構簡単な処置です。

ただ、保険対象ではありませんので、少々お高い、のがちょっと難点ではあります。(勿論、医療費控除の対象とはなりますよ)ちゃんと噛めるようになれる為のひとつの選択肢ですね。

ただ、出来うることなら、自分の歯で噛みたいわけで、大切な歯を抜かなくていいように、日々管理したいものですよね。
▲ページトップへ


■何本か歯が抜けたままだけど、いいのかな?

A答えはNO!です。

 例えるなら、10人で仕事をしていた職場を、何人かいない状態で、ずっとまかないなさい!と言われているのと同じこと。必ず無理がたたって、さらに1人また1人と倒れちゃいます。そうなってからだとちょいと大変。これが歯の場合だと、1本また1本と抜けることに・・・。そうなるのは、いやですよね。


とある患者さんのコメント“何も気にせずいろんなものを食べられるのって、当たり前のようで、でもこんなに良いものとは、なってみるまで分からなかったぁ〜!”とのこと。

やっぱ、どうせなら、居酒屋さんで軟骨バリバリって感じで、楽しい“食人生”の方がいいですよね。

▲ページトップへ

 
   



「歯科」本音の治療がわかる本
出版社  法研
著 者 熊谷 崇・秋元 秀俊
 
歯がわかる本
出版社 みずうみ書房
著 者 鴨井 久一

当院待合室に置いてあります。お気軽にどうぞ…


院長のコラム治療の現場施設紹介Q&Aスタッフ紹介友の会お問合せサイトマップトップページ