福岡市西区愛宕の歯科クリニック、いけだ歯科

お問合せ  サイトマップ  トップページ
 

   

歯周病のメカニズムについて歯周病のメカニズムを簡単に説明しますと、歯周病菌が歯と歯茎の境目につき、歯磨きなどが不十分で常に多く残っているような場合、歯茎に害が出てきます。

 まず歯肉に炎症が起こり、そこに歯石(歯周病菌が硬くなったもの)がつくことなどによってさらに悪化し、最終的には歯を支えている骨が溶けることによって歯が抜け落ちてきます。

 特に怖い点は、自覚症状がないまま着々と慢性的に進行して行くという点です。極端な例では、歯科医師が歯周病であると説明しても自覚症状がないためその説明自体を疑ってしまい、治療に到らない事もあるぐらいです。
 しかし、歯周病は非常に怖い病気である反面、きちんとした治療ができる医療機関であれば、きちんと治す事ができる病気だと言えます。

 おおむねの治療の流れとしては、まずは診断です。レントゲンを取ったり、プロービングといって歯と歯茎の間の境目の溝(これがTVなんかでよく言う歯周ポケット)がどの様に存在しているか、深さなどをきちんと診断します。その上で一番の原因となっている汚れ(歯周病菌)を取り除いてやる為に、スケーリングと言って、超音波の震動で汚れを落とす機械や鋭利な器具で表面の汚れを落とします。また、汚れが再付着しない様歯磨きの指導などもします。

 また、噛み合せについてもずれていると歯周病の原因になりやすいので、調整していきます。(噛み合わせの詳細につきましては、長くなる為、次回以降のテーマとさせていただきます)スケーリングまで終われば、しばらく様子を見て、回復度合いを図ります。
 この段階で改善が見られない場合は、さらに歯周ポケットのより深い所にある汚れ等を、痛くないように麻酔をかける等しながら、取り除いていきます。最終的にそれでも回復しない場合は外科的な手術を行います。以上がおおまかな流れです。

治療の詳細につきましては、次回以降順次アップしていきますのでお楽しみに。

▲ページトップへ

歯周病の度合いを知る為、まず歯周ポケットの検査をします。一般的にプロービングとか基本検査とか呼ばれる検査です。
どんな人でも歯と歯茎の間には必ず溝(歯肉溝)が存在しているのですが、その深さを測定する事によって、骨がどのくらい下がっているか、歯周病がどのくらい進行しているかのおおよその目安がつかめます。


通常2〜3mmくらいまでは正常値ですが、それ以上深くなっている場合はそこに何らかの病的な問題があり、炎症を起こして深くなっていると考えられます。この深くなった溝を「歯周ポケット」と言います。
そこは通常では清掃できない不潔な地域になっていることが考えられるので、まずそこの歯石や汚れを取って清潔にし、細菌の数を減らすことで歯茎の回復を待とうとするのが、歯周病の治療の第1段階になります。

 ちなみに、よく歯垢を取って下さいと来院する方がいますが、これは歯石取りのことを言われていることのようですね。歯石と歯垢は全く別の物です。歯垢は口の中にある細菌の固まりで、よく歯の間に白くついたりしています。これは歯磨きをする事によって簡単に除去できます。

 それに対し歯石は歯垢が石のように硬くなって歯に張りついている状態で、そうなると普通の歯磨きでは取れません。そこで歯医者さんで専門的にそれを取ろうというのが、スケーリング(歯石取り)です。





道具としては昔から使われているハンドスケーラーを使ったり、最近では主流になって来た超音波スケーラーという特殊な機械を使ったりします。

超音波スケーラーは、"キーン"と言う高い音を出す機械なのですが、ご存知無い方はいきなり歯を削られていると勘違いする人もいます。これは、理論的には工事現場で良く使われる削岩機(震動で石やコンクリートを砕くものです)に近い物で、超音波の振動で硬い歯石を砕き、はじきとばすもので、素早く、きれいに歯石が取れます。けっして、歯を削っているのではないですよ。(個人的には、このキレイになっていく様を見るのも、なかなか爽快感があり、楽しいものです)

そうやって歯石をキレイに取って行き、歯周病や、歯茎の炎症の原因となっている細菌の数を減らすことがスケーリングの目的です。
それとは別に、噛み合わせの異常も、歯周病の原因の一つなので、その治療も歯周病の治療の大きなポイントですが、それはまた別の機会に説明します。

▲ページトップへ

スケーリングを行なった後、一定の期間を置いて歯周病が改善したかどうか、再評価をするため、もう1度検査をします。それでも歯周ポケットが改善しないような場合は、通常のスケーリングでは届かない深い位置に汚れ等が残っている可能性が高いわけです。


そこをきれいにする為に行なう、スケーリングの次の段階の処置です。やり方としては、深い位置に対してスケーリング処置を行なうわけですから、痛みを伴うこともあるため、用心のために麻酔をした上でスケーリングと同じ作業をするものです。

この段階まで治療すれば、大方の歯周病は退治できます。
その先は外科的な治療(歯周外科)になりますが、専門的になりすぎるので、ここでは割愛します。ちなみに、外科的治療まですると、歯周病に付いてはほぼ完璧に治癒することが可能となります。

SRPの治療のイメージ図
▲ページトップへ

院長のコラム治療の現場施設紹介Q&Aスタッフ紹介友の会お問合せサイトマップトップページ